忍者ブログ
オープンバー


オープンバーを飲み歩きました。
久しぶりに夜の街を歩きました。大分では夜になるとカエルの声しかしないが、ここは全方向からいろんなリズムが聞こえてきます。

田舎者が都会に出てきた夜でした。

バーのねぇちゃんは親切でこの娘が相手をしてくれました。
私はこの3年間 草取りばかりしていたからこんなきれいな娘と話が出来ただけでも天国にいる気分でした。

調子に乗って次の日の夜にも相手をお願いしに行きました。
ここにはギターを弾きながら盛り上げてくれる人もいました。
「ニーハオー」と私を見て声をかけてきました。

私はとっさに彼に「ノー、俺は日本人だ」と言いました。
それほどシナ人がたくさん来ている。私はこの夜シナ人がいないことを確認してここに来ていました。

ギターのお兄さんは「Ok,Ok ごめん」と言いながら「それじゃ日本の歌をいっしょに歌おう」と演奏し始めた。
私は舞台に出て行った。
どうせ一人も日本語はわからないんだからいいかと思い、うろ覚えのまま歌い始めました。歌は「すばる」でした。

これこそが「旅の恥は かき捨て」と思いました。その後も「上を向いて歩こう」などを歌いました。
他国の主婦などもみんなマイクを奪い合うように歌っていたので安心はしましたが「おまえは歌が下手だ」などと評価をするような話はなく、「あんたが楽しければ それでいいのよ」という雰囲気でした。

私と同年輩の白人女性はたまたま隣に座っていたので 何かと話をしていました。
「私と年齢が変わりませんね」と言いましたら にっこり笑いながら握手をしてくれました。
とても上品な いかにも育ちの良さを感じる婦人でした。


PR

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


画面編集変更(RSS)
プロフィール
HN:
新米隠居
年齢:
71
性別:
非公開
誕生日:
1945/08/13
職業:
プータロー
趣味:
他にやることがないから家庭菜園
自己紹介:
12月1日 私は無職となりまして、仕方なく隠居することになりました。ピカピカの隠居1年生です。
先輩隠居の方々のご指導ご鞭撻のほど よろしくおたのみ申し上げます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 8
9 10 15
16 18 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
来訪者数(カウンター)
最新コメント
[07/27 NONAME]
[05/27 NONAME]
[04/17 NONAME]
[02/23 NONAME]
ブログ内検索
最古記事