忍者ブログ
親友からの電話

16歳の頃、谷本君と二人でよく遊んだ。
何をするにも一緒だった、彼はいい根性を持っていた。私は彼のそういうところが好きで尊敬していた。

いつか秋のことだった。二人でサイクリングに行こうと寮の自転車を借りて10号線を北上した。
昼頃、宗太郎峠の上まで行った。トンネルの入り口に二人の名前をコケをはがして書いた。

帰りは腹が減って口もきけないくらい疲れた。だまってひたすら寮へペタルをこいだ。砂利道を自転車で進むのはとても大変でした。

24日に同窓会で彼とあの時のことを笑いながら話したが昨日のことのように彼も覚えていた。

駅前のお汁粉屋で食べたぜんざい、学校帰りにひえつきまんじゅうを食べたこと、一緒に風呂にも行っていた。ブラスバンドのクラブ活動も一緒だった。

違ったのは実習の体育の時間、彼は剣道を私は柔道をしていたことくらいだろう。
今でも私は谷本君を尊敬している。あの負け嫌いな性格は尊敬するに十分なものがある。私はあの根性を少し分けてもらいたかった。

追伸、谷本君 画面をクリックすると写真が拡大されますからね。
PR

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


画面編集変更(RSS)
プロフィール
HN:
新米隠居
年齢:
72
性別:
非公開
誕生日:
1945/08/13
職業:
プータロー
趣味:
他にやることがないから家庭菜園
自己紹介:
12月1日 私は無職となりまして、仕方なく隠居することになりました。ピカピカの隠居1年生です。
先輩隠居の方々のご指導ご鞭撻のほど よろしくおたのみ申し上げます。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 9
10 11 12 13 14 15
18 19 20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
来訪者数(カウンター)
最新コメント
[07/27 NONAME]
[05/27 NONAME]
[04/17 NONAME]
[02/23 NONAME]
ブログ内検索