忍者ブログ
林道へドライブ

近所の友達が「鯉に餌をやりに行こうや」とやってきた。
「いいけど、歩いて行くんな」彼は散歩のついでに鯉に餌をやりに行っていると聞いてはいたが。

行きましたわ。
大きな鯉がたくさん泳いでいました。地区の公民館の側の川の上流には何か所か深いところがあり そこには50センチから1メートルの鯉。

エサやりを終えて私たちは山に行きました。この時期にはナメタケがあるはずだから、一昨年の大雪で倒された木を道端に置かれていたところへ行きました。
思った通り たくさんの木からナメタケが出ていました。
有望そうな木を立ち掛けたりしながら 次に来たときにはいい品物が採取できるようにした。

山から帰りにまた鯉のいるところを通りかかった。
車を止めて餌の食パンをちぎっては投げた。ふたりで子供のように遊んでいたら車で来た人が「餌を食べるね? 寒いから食いが悪いじゃろうが」と声をかけてきた。

「うん、なんか元気がないわ、寒さのせいかな?」
「私が今朝も餌をやったし、もう20年も餌をやってるんよ」と楽しそうな顔で米袋を取りだした。
中にはパンの耳がいっぱい入っていた。ドバッとひとつかみ投げ込みました。

鯉の話をしばらくしながらエサを食べる様子を見ていたが なんか癒されました。
その人はすぐそばの家の人でした。「鯉になり替わってお礼を言います」と私が言ったら大声で笑いながら「鯉を見ると気分がいいでしょ?」とうれしそうな顔をしていた。


友人と「あしたもエサやりに来るかな」と話しました。
PR

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字(絵文字)


画面編集変更(RSS)
プロフィール
HN:
新米隠居
年齢:
72
性別:
非公開
誕生日:
1945/08/13
職業:
プータロー
趣味:
他にやることがないから家庭菜園
自己紹介:
12月1日 私は無職となりまして、仕方なく隠居することになりました。ピカピカの隠居1年生です。
先輩隠居の方々のご指導ご鞭撻のほど よろしくおたのみ申し上げます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
2 3 4
6 7 8 9 11
12 13 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
来訪者数(カウンター)
最新コメント
[07/27 NONAME]
[05/27 NONAME]
[04/17 NONAME]
[02/23 NONAME]
ブログ内検索